【整骨院3.0】第16回 柔道整復師国家試験 必修問題

HOME > | 必修問題 | 第16回 柔道整復師国家試験 必修問題

第16回 柔道整復師国家試験【必修問題】 

問題1 蝶番関節はどれか。
1.肩関節
2.腕尺関節
3.上橈尺関節
4.母指の手根中手関節
 
問題2 正しい組み合わせはどれか。
1.頚椎-肋骨突起
2.胸椎-副突起
3.腰椎-乳頭突起
4.仙骨-下関節突起
 
問題3 大腿骨に付着部をもつのはどれか。
1.薄筋
2.半膜様筋
3.半腱様筋
4.大腿二頭筋
 
問題4 腰神経叢の枝でないのはどれか。
1.腸骨下腹神経
2.上殿神経
3.閉鎖神経
4.大腿神経
 
問題5 酸素分圧の低い血液が流れている部位はどれか。
1.大動脈
2.左心室
3.肺静脈
4.右心房
 
問題6 血液凝固因子の合成に必要なのはどれか。
1.ビタミンA
2.ビタミンC
3.ビタミンE
4.ビタミンK
 
問題7 ステロイドホルモンはどれか。
1.コルチゾール
2.チロキシン
3.インスリン
4.アドレナリン
 
問題8 正常歩行として誤っているのはどれか。
1.骨盤の回旋
2.骨盤の傾斜
3.立脚期の膝屈曲
4.踵接地の足関節底屈
 
問題9 アレルギー(遅延型反応)はどれか。
1.免疫複合体による反応
2.アルサス(Arthus)反応
3.ツベルクリン反応
4.アナフィラキシー反応
 
問題10 すべての微生物を死滅させて除去するのはどれか。
1.消毒
2.防腐
3.滅菌
4.殺菌
 
問題11 施術所の構造設備基準として正しいのはどれか。
1.専用の事務室を必要とする。
2.3.3平方メートル以上の待合室がある。
3.換気装置を設置しなければならない。
4.消毒設備の設置は任意である。
 
問題12 徒手筋力テストの筋力3で正しいのはどれか。
1.若干の抵抗に打ち勝って完全に運動できる。
2.重力に抗して完全に運動できる。
3.重力を除くと完全に運動できる。
4.わずかな筋収縮はあるが関節は動かない。
 
問題13 パーキンソン(Parkinson)病患者に特有な姿勢はどれか。
1.マン・ウェルニッケ姿勢
2.前かがみの姿勢
3.後弓反張
4.エビ姿勢
 
問題14 関節リウマチで最も侵される関節はどれか。
1.頚椎環軸関節
2.腰椎椎間関節
3.胸鎖関節
4.遠位指節間(DIP)関節
 
問題15 嫌気性菌はどれか。
1.ブドウ球菌
2.溶血性連鎖球菌
3.結核菌
4.破傷風菌
 
問題16 椎間板ヘルニアで第1仙骨神経根が障害された時の所見はどれか。
1.膝蓋腱反射低下
2.つま先立ち不能
3.下腿内側の感覚障害
4.大腿神経伸展試験陽性
 
問題17 骨折数による分類で誤っているのはどれか。
1.複数骨折
2.重複骨折
3.複雑骨折
4.多発骨折
 
問題18 脱臼の固有症状で誤っているのはどれか。
1.弾発性固定がある。
2.関節腔が空虚となる。
3.関節血腫がみられる。
4.関節に特有な変形がある。
 
問題19 徒手整復時に末梢牽引が適切でないのはどれか。
1.肩関節前方脱臼
2.肘関節後方脱臼
3.月状骨掌側脱臼
4.母指中手指節(MP)関節背側脱臼
 
問題20 外固定の目的で誤っているのはどれか。
1.骨萎縮防止
2.変形防止
3.整復位保持
4.安静保持
 
問題21 関節運動を伴わないのはどれか。
1.等速性収縮
2.等尺性収縮
3.遠心性収縮
4.求心性収縮
 
問題22 禁忌でない組み合わせはどれか。
1.寒冷療法-高血圧患者
2.温熱療法-皮膚感覚欠損のある患者
3.極超短波療法-心臓ペースメーカーが埋め込まれている患者
4.超音波療法-体内に金属のある患者
 
問題23 転位のある上腕骨外科頚骨折で正しいのはどれか。
1.内転型は三角筋の膨隆がなくなる。
2.上肢の挙上は可能である。
3.外転型は上腕軸が内転位をとる。
4.皮下出血が上腕から胸部にかけて出現する。
 
問題24 コーレス(Colles)骨折で誤っているのはどれか。
1.フォーク状変形を呈する。
2.銃剣状変形を呈する。
3.近位骨片は回外位を呈する。
4.手関節運動制限がみられる。
 
問題25 手の舟状骨骨折で誤っているのはどれか。
1.握手すると手根部に疼痛を訴える。
2.45中手骨に軸圧痛がある。
3.初期エックス線像で骨折線を認めにくい。
4.偽関節が起こりやすい。
 
問題26 肩鎖関節上方脱臼(第三度)で損傷されるのはどれか。
1.烏口肩峰靭帯と肩鎖靭帯
2.烏口鎖骨靭帯と鎖骨間靭帯
3.肩鎖靭帯と烏口鎖骨靭帯
4.鎖骨間靭帯と肋鎖靭帯
 
問題27 上腕骨頭が後方へ転位するのはどれか。
1.肩峰下脱臼
2.腋窩脱臼
3.烏口下脱臼
4.関節窩下脱臼
 
問題28 大腿骨頚部内側骨折で正しいのはどれか。
1.転子果長が短縮する。
2.下肢は屈曲・内転・内旋位を呈する。
3.大転子部の叩打痛がある。
4.内転骨折では歩行可能である。
 
問題29 膝蓋骨脱臼の分類で誤っているのはどれか。
1.外側脱臼
2.上方脱臼
3.水平脱臼
4.回転脱臼
 
問題30 足関節捻挫について誤っているのはどれか。
1.内がえし外力によって発生することが多い。
2.踵腓靭帯の損傷が多い。
3.前方不安定性がみられる。
4.果部骨折との鑑別を要する。
 

柔道整復師国家試験 第16回 必修問題 解答

問題1  

問題2 

問題3 

問題4 

問題5 

問題6 

問題7 

問題8 

問題9 

問題10 

問題11 

問題12 

問題13 

問題14 

問題15 

問題16 

問題17 

問題18 

問題19 

問題20 

問題21 

問題22 

問題23 

問題24 

問題25 

問題26 

問題27 

問題28 

問題29 

問題30 

柔道整復師国家試験問題 一覧

必修問題
第14回 第15回 第16回 第17回 第18回 第19回 第20回 第21回 第22回 第23回 
 
 
解剖学
第1回 第2回 第3回 第4回 第5回 第6回 第7回 第8回 第9回 第10回 第11回 第12回 第13回 第14回 第15回 第16回 第17回 第18回 第19回 第20回 第21回 第22回 第23回
 
生理学
第1回 第2回 第3回 第4回 第5回 第6回 第7回 第8回 第9回 第10回 第11回 第12回 第13回 第14回 第15回 第16回 第17回 第18回 第19回 第20回 第21回 第22回 第23回 
 
運動学
第1回 第2回 第3回 第4回 第5回 第6回 第7回 第8回 第9回 第10回 第11回 第12回 第13回 第14回 第15回 第16回 第17回 第18回 第19回 第20回 第21回 第22回 第23回
 
病理学
第1回 第2回 第3回 第4回 第5回 第6回 第7回 第8回 第9回 第10回 第11回 第12回 第13回 第14回 第15回 第16回 第17回 第18回 第19回 第20回 第21回 第22回 第23回
 
衛生学・公衆衛生学
第1回 第2回 第3回 第4回 第5回 第6回 第7回 第8回 第9回 第10回 第11回 第12回 第13回 第14回 第15回 第16回 第17回 第18回 第19回 第20回 第21回 第22回 第23回
 
関係法規
第1回 第2回 第3回 第4回 第5回 第6回 第7回 第8回 第9回 第10回 第11回 第12回 第13回 第14回 第15回 第16回 第17回 第18回 第19回 第20回 第21回 第22回 第23回
 
リハビリテーション医学
第1回 第2回 第3回 第4回 第5回 第6回 第7回 第8回 第9回 第10回 第11回 第12回 第13回 第14回 第15回 第16回 第17回 第18回 第19回 第20回 第21回 第22回 第23回
 
一般臨床医学
第1回 第2回 第3回 第4回 第5回 第6回 第7回 第8回 第9回 第10回 第11回 第12回 第13回 第14回 第15回 第16回 第17回 第18回 第19回 第20回 第21回 第22回 第23回
 
整形外科学
第1回 第2回 第3回 第4回 第5回 第6回 第7回 第8回 第9回 第10回 第11回 第12回 第13回 第14回 第15回 第16回 第17回 第18回 第19回 第20回 第21回 第22回 第23回
 
柔道整復学
第1回 第2回 第3回 第4回 第5回 第6回 第7回 第8回 第9回 第10回 第11回 第12回 第13回 第14回 第15回 第16回 第17回 第18回 第19回 第20回 第21回 第22回 第23回

整骨院の【集客】

整骨院で働くための【国家試験対策】

整骨院の【保険施術】※準備中

整骨院の【スタッフ育成】

整骨院の【交通事故治療】

整骨院の【自費移行】※準備中

整骨院の【求人・採用】※準備中

整骨院の【開業】※準備中

整骨院の【治療技術】※準備中

整骨院の【その他】※準備中