【整骨院3.0】第17回 柔道整復師国家試験 必修問題

HOME > | 必修問題 | 第17回 柔道整復師国家試験 必修問題

第17回 柔道整復師国家試験【必修問題】 

問題1 誤っている組み合わせはどれか。
1.咬筋-下顎骨挙上
2.側頭筋-下顎骨挙上
3.外側翼突筋-下顎骨前方移動
4.内則翼突筋-下顎骨後方移動
 
問題2 正しいのはどれか。
1.頚神経ワナは斜角筋隙を通る。
2.上腕二頭筋長頭の腱は結節間溝を通る。
3.閉鎖神経は鼡径管を通る。
4.浅指屈筋腱は深指屈筋腱の二分したところを通る。
 
問題3 腹大動脈から直接分枝しないのはどれか。
1.腹腔動脈
2.総肝動脈
3.上腸間膜動脈
4.下腸間膜動脈
 
問題4 姿勢や平衡を調節、統御する主たる中枢神経領域はどれか。
1.脊髄
2.延髄
3.小脳
4.中脳
 
問題5 細胞内に含まれる陽イオンで最も濃度が高いのはどれか。 
1.ナトリウム
2.カリウム
3.カルシウム
4.マグネシウム
 
問題6 貪食作用があるのはどれか。
1.好中球
2.赤血球
3.血小板
4.リンパ球
 
問題7 エストロゲンの生理作用で誤っているのはどれか。
1.骨形成を促進する。
2.体温を上昇させる。
3.子宮内膜を増殖させる。
4.卵胞を発育させる。
 
問題8 静止性収縮はどれか。
1.等運動性収縮
2.遠心性収縮
3.等張性収縮
4.等尺性収縮
 
問題9 病因のうち内因でないのはどれか。
1.免疫
2.感染
3.遺伝
4.年齢
 
問題10 滅菌できないのはどれか。
1.100℃15分間の煮沸
2.121℃20分間の高圧蒸気
3.170℃120分間の乾熱空気
4.焼却
 
問題11 応急の手当ではない骨折の施術で正しいのはどれか。
1.整形外科専門医の同意がなければならない。
2.医師の同意がなく施術をすれば禁固刑に処せられる。
3.理学療法士の同意がなければならない。
4.同意の方法は書面でも口頭でもよい。
 
問題12 マッサージが禁忌なのはどれか。
1.関節水腫
2.深部静脈の血栓
3.皮下組織の癒着
4.麻痺筋
 
問題13 小歩症をきたすのはどれか。
1.ギランバレー(Guillan-barre)症候群
2.進行性筋ジストロフィー
3.閉塞性血栓血管炎
4.パーキンソン(Parkinson)
 
問題14 心筋梗塞の危険因子でないのはどれか。
1.糖尿病
2.肥満
3.喫煙
4.HDLコレステロール血症
 
問題15 乳幼児熱傷の範囲診断で成人より全体表面積に対する割合が大きいのはどれか。
1.頭頚部
2.上腕部
3.大腿部
4.殿部
 
問題16 5歳児の長管骨骨幹部骨折で正しいのはどれか。
1.短縮変形は永続する。
2.回旋変形は自然矯正される。
3.側方転位は永続する。
4.屈曲変形は自然矯正される。
 
 
 
問題17 軋轢音を触知できるのはどれか。
1.上腕骨外科頚噛合骨折
2.橈骨遠位端部粉砕骨折
3.5中足骨剥離骨折
4.1腰椎圧迫骨折
 
問題18 高齢者に好発するのはどれか。
1.モンテギア(Monteggia)骨折
2.上腕骨外顆骨折
3.橈骨遠位端骨折
4.舟状骨骨折
 
問題19 骨折の骨癒合で不利なのはどれか。
1.噛合した骨折の場合
2.海綿骨の骨折の場合
3.骨折部に圧迫力が加わっている場合
4.骨折部の血腫が消失している場合
 
問題20 屈曲整復法の目的はどれか。
1.整復動作を阻害する筋の緊張を取り除く。
2.持続的牽引力を与える。
3.側方転位に対して矯正力を発揮する。
4.整復動作中の皮下組織の損傷を防ぐ。
 
問題21 骨折後、早期に起こしやすいのはどれか。
1.偽関節
2.無腐性骨壊死
3.骨化性筋炎
4.脂肪塞栓
 
問題22 大腿部肉離れ(筋断裂)の応急処置で誤っているのはどれか。
1.安静
2.冷却
3.圧迫
4.牽引
 
問題23 上腕骨外科頚外転型骨折で正しいのはどれか。
1.遠位骨片は内転位をとる。
2.関節包内骨折である。
3.初期固定では肩関節を内転位にする。
4.肩鎖関節脱臼との鑑別が必要となる。
 
問題24 小児上腕骨顆上骨折で正しいのはどれか。
1.ヒューター線が乱れる。
2.伸展型が多くみられる。
3.屈曲型の骨折線は後方から前下方に走行する。
4.内反変形は自家矯正される。
 
問題25 肘関節伸展位で手掌を衝いて転倒した際に起こりにくいのはどれか。
1.舟状骨骨折
2.橈骨頚部骨折
3.肘関節後方脱臼
4.肘頭骨折
 
問題26 コーレス(Colles)骨折の遠位骨片の転位で誤っているのはどれか。
1.尺屈転位
2.回外転位
3.騎乗転位
4.短縮転位
 
問題27 手の舟状骨骨折で好発部位はどれか。
1.結節部
2.遠位1/3
3.中央1/3
4.近位1/3
 
問題28 肩関節前方脱臼で誤っているのはどれか。
1.三角筋部の膨隆は消失する。
2.弾発抵抗がみられる。
3.上腕は内転位をとる。
4.肩峰が角状に突出する。
 
問題29 大腿骨頚部内側骨折で正しいのはどれか。
1.外側骨折に比べて関節周辺の腫脹が著しい。
2.棘果長に変化はないが転子果長に短縮がある。
3.踵部から加えた大腿長軸への介達痛はみられない。
4.噛合骨折では歩行可能な場合がある。
 
問題30 膝蓋骨外側脱臼の素因でないのはどれか。
1.内側広筋の脆弱化
2.Q角の増大
3.内反膝
4.関節弛緩
 

柔道整復師国家試験 第17回 必修問題 解答

問題1 

問題2 

問題3 

問題4 

問題5 

問題6 

問題7 

問題8 

問題9 

問題10 

問題11 

問題12 

問題13 

問題14 

問題15 

問題16 

問題17 

問題18 

問題19 

問題20 

問題21 

問題22 

問題23 

問題24 

問題25 

問題26 

問題27 

問題28 

問題29  

問題30 

柔道整復師国家試験問題 一覧

必修問題
第14回 第15回 第16回 第17回 第18回 第19回 第20回 第21回 第22回 第23回 
 
 
解剖学
第1回 第2回 第3回 第4回 第5回 第6回 第7回 第8回 第9回 第10回 第11回 第12回 第13回 第14回 第15回 第16回 第17回 第18回 第19回 第20回 第21回 第22回 第23回
 
生理学
第1回 第2回 第3回 第4回 第5回 第6回 第7回 第8回 第9回 第10回 第11回 第12回 第13回 第14回 第15回 第16回 第17回 第18回 第19回 第20回 第21回 第22回 第23回 
 
運動学
第1回 第2回 第3回 第4回 第5回 第6回 第7回 第8回 第9回 第10回 第11回 第12回 第13回 第14回 第15回 第16回 第17回 第18回 第19回 第20回 第21回 第22回 第23回
 
病理学
第1回 第2回 第3回 第4回 第5回 第6回 第7回 第8回 第9回 第10回 第11回 第12回 第13回 第14回 第15回 第16回 第17回 第18回 第19回 第20回 第21回 第22回 第23回
 
衛生学・公衆衛生学
第1回 第2回 第3回 第4回 第5回 第6回 第7回 第8回 第9回 第10回 第11回 第12回 第13回 第14回 第15回 第16回 第17回 第18回 第19回 第20回 第21回 第22回 第23回
 
関係法規
第1回 第2回 第3回 第4回 第5回 第6回 第7回 第8回 第9回 第10回 第11回 第12回 第13回 第14回 第15回 第16回 第17回 第18回 第19回 第20回 第21回 第22回 第23回
 
リハビリテーション医学
第1回 第2回 第3回 第4回 第5回 第6回 第7回 第8回 第9回 第10回 第11回 第12回 第13回 第14回 第15回 第16回 第17回 第18回 第19回 第20回 第21回 第22回 第23回
 
一般臨床医学
第1回 第2回 第3回 第4回 第5回 第6回 第7回 第8回 第9回 第10回 第11回 第12回 第13回 第14回 第15回 第16回 第17回 第18回 第19回 第20回 第21回 第22回 第23回
 
整形外科学
第1回 第2回 第3回 第4回 第5回 第6回 第7回 第8回 第9回 第10回 第11回 第12回 第13回 第14回 第15回 第16回 第17回 第18回 第19回 第20回 第21回 第22回 第23回
 
柔道整復学
第1回 第2回 第3回 第4回 第5回 第6回 第7回 第8回 第9回 第10回 第11回 第12回 第13回 第14回 第15回 第16回 第17回 第18回 第19回 第20回 第21回 第22回 第23回

整骨院の【集客】

整骨院で働くための【国家試験対策】

整骨院の【保険施術】※準備中

整骨院の【スタッフ育成】

整骨院の【交通事故治療】

整骨院の【自費移行】※準備中

整骨院の【求人・採用】※準備中

整骨院の【開業】※準備中

整骨院の【治療技術】※準備中

整骨院の【その他】※準備中