【整骨院3.0】 第23回 柔道整復師国家試験 必修問題

HOME > | 必修問題 | 第23回 柔道整復師国家試験 必修問題

第23回 柔道整復師国家試験【必修問題】 

問題1 横突孔で正しいのはどれか。
1.環椎にはない。
2.歯状靭帯がつく。
3.椎骨動脈が通る。
4.黄色靭帯が覆う。
 
問題2 複関節はどれか。
1.顎関節
2.肩関節
3.肘関節
4.股関節
 
問題3 股関節を屈曲するのはどれか。
1.大殿筋
2.中殿筋
3.梨状筋
4.腸腰筋
 
問題4 屈筋支帯より表層を通るのはどれか。
1.長掌筋
2.方形回内筋
3.浅指屈筋
4.長母指屈筋
 
問題5 ヘモグロビンを含有するのはどれか。
1.赤血球
2.好中球
3.リンパ球
4.血小板
 
問題6 小循環に属するのはどれか。
1.門脈
2.臍静脈
3.肺動脈
4.上腕動脈
 
問題7 ホルモンを運搬するのはどれか。
1.リンパ液
2.血液
3.唾液
4.脳脊髄液
 
問題8 関節運動の表示で正しいのはどれか。
1.肩関節の屈曲は後方挙上をさす。
2.手関節の屈曲は背屈をさす。
3.足関節の屈曲は底屈をさす。
4.体幹の屈曲は後屈をさす。
 
問題9 カタル性炎で正しいのはどれか。
1.体腔に漿液が貯留する。
2.結合組織内に多量の好中球が浸潤する。
3.粘膜の炎症で粘液分泌の充進が著しい。
4.線維素の析出が著しい。
 
問題10 インフォームド・コンセントで正しいのはどれか。
1.わが国では「根拠に基づく医療」と訳されている。
2.ヘルシンキ宣言に記載されている用語である。
3.バターナリズムに基づく医療である。
4.患者本人より家族の意志決定が優先される。
 
問題11 名称独占はないが業務独占を有する資格はどれか。
1.診療放射線技師
2.柔道整復師
3.理学療法士
4.歯科衛生士
 
問題12 物理療法と禁忌との組合せで誤っているのはどれか。
1.超短波一一体内金属
2.超音波一一一一眼 球
3.寒冷一一レイノー (Raynaud)
4.パラフィン一一関節リウマチ
 
問題13 意識障害を表す用語でないのはどれか。
1.傾眠
2.せん妄
3.昏迷
4.抑うつ
 
問題14 眼球突出がみられるのはどれか。
1.アジソン (Addison)
2.クッシング (Cushing) 症候群
3.橋本病
4.バセドウ (Basedow)
 
問題15 ショックをきたす病態とその治療との組合せで正しいのはどれか。
1.アナフィラキシー一一輸血
2.心タンボナーデ一一胸腔ドレナージ
3.外傷性脾損傷一一一一腹腔穿刺
4.重症熱傷一一一一一急速輸液
 
問題16 大腿骨頚部内側型骨折が難治性になる理由で誤っているのはどれか。
1.骨膜を欠く。
2.骨頭が壊死しやすい。
3.骨折面に牽引力が作用する。
4.骨萎縮が強い。
 
問題17 骨折転位を角度で表すのはどれか。
1.短縮転位
2.側方転位
3.屈曲転位
4.離開転位
 
問題18 脱臼と判断できるのはどれか。
1.関節裂隙に沿った限局性圧痛がある。
2.関節腔が空虚である。
3.関節周径が健側に比べて大きくなっている。
4.関節可動域が健側に比べて小さくなっている。
 
問題19 靭帯の第 I度損傷で受傷直後に確認できるのはどれか。
1.局所の陥凹
2.皮下出血斑の出現
3.不安定性の徒手検査陽性
4.自動運動の関節可動域減少
 
問題20 骨折の治療で手術療法と比較して保存療法の特徴となるのはどれか。
1.治療期間が短い。
2.感染の危険性は低い。
3.解剖学的整復位を得やすい。
4.早期から運動療法ができる。
 
問題21 コーレス (Colles) 骨折の屈曲整復法で最初に遠位骨片を屈曲する方向はどれか。
1.背側方向
2.掌側方向
3.橈側方向
4.尺側方向
 
問題22 骨折の治療で緊急度の高いのはどれか。
1.区画症候群
2.関節拘縮
3.偽関節
4.変形癒合
 
問題23 腋窩線上の第7肋骨骨折で疼痛が増強しにくいのはどれか。
1.唾液の嚥下
2.体幹の捻転
3.深呼吸
4.胸郭前後からの圧迫
 
問題24 顎関節前方脱臼で片側性脱臼だけにみられる所見はどれか。
1.閉口運動が制限される。
2.オトガイ部が健側に偏位する。
3.発音が不明瞭である。
4.陥凹した関節窩を触知する。
 
問題25 上腕骨外科頚外転型骨折で正しいのはどれか。
1.肩関節外転可動域は正常である。
2.遠位骨折端が外方へ向く。
3.肩峰と大結節の距離は拡大する。
4.三角筋部の膨隆が消失する。
 
問題26 上腕骨頼上骨折で正しいのはどれか。
1.骨端線離開である。
2.多くは遠位骨片が前方に転位する。
3.上腕軸に対しヒュータ一線が傾斜する。
4.健側と比べ前腕長が短縮する。
 
問題27 肩鎖関節上方脱臼で正しいのはどれか。
1.前方脱臼に次いで多い。
2.女性に多い。
3.第Ⅱ度損傷は烏口鎖骨靭帯断裂を伴う。
4.ピアノキー症状がみられる。
 
問題 28 小児肘内障で整復の確認に使われないのはどれか。
1.単純エックス線像による整復の確認
2.他動的な回外運動での抵抗感消失
3.整復操作中のクリック音触知
4.自発的な患肢使用
 
問題29 大腿骨頚部内側型骨折で正しいのはどれか。
1.若年者に多い。
2.外転型が多い。
3.転倒発生が多い。
4.腫脹が強い。
 
問題30 傷害と検査との組合せで正しいのはどれか。
1.前十字靭帯損傷一一一サギングサイン
2.後十字靭帯損傷一一ワトソン・ジョーンズテスト
3.半月板損傷一一一一一ラックマンテスト
4.腸脛靭帯炎一一一一一グラスピングテスト
 

柔道整復師国家試験 第23回 必修問題 解答

問題1 ③

問題2 ③

問題3 ④

問題4 ①

問題5 ①

問題6 ③

問題7 ②

問題8 ③

問題9 ③

問題10 ②

問題11 ②

問題12 ④

問題13 ④

問題14 ④

問題15 ④

問題16 ③

問題17 ③

問題18 ②

問題19 ④

問題20 ②

問題21 ①

問題22 ①

問題23 ①

問題24 ②

問題25 ③

問題26 ③

問題27 ④

問題28 ①

問題29 ③

問題30 ④

柔道整復師国家試験問題 一覧

必修問題
第14回 第15回 第16回 第17回 第18回 第19回 第20回 第21回 第22回 第23回 
 
 
解剖学
第1回 第2回 第3回 第4回 第5回 第6回 第7回 第8回 第9回 第10回 第11回 第12回 第13回 第14回 第15回 第16回 第17回 第18回 第19回 第20回 第21回 第22回 第23回
 
生理学
第1回 第2回 第3回 第4回 第5回 第6回 第7回 第8回 第9回 第10回 第11回 第12回 第13回 第14回 第15回 第16回 第17回 第18回 第19回 第20回 第21回 第22回 第23回 
 
運動学
第1回 第2回 第3回 第4回 第5回 第6回 第7回 第8回 第9回 第10回 第11回 第12回 第13回 第14回 第15回 第16回 第17回 第18回 第19回 第20回 第21回 第22回 第23回
 
病理学
第1回 第2回 第3回 第4回 第5回 第6回 第7回 第8回 第9回 第10回 第11回 第12回 第13回 第14回 第15回 第16回 第17回 第18回 第19回 第20回 第21回 第22回 第23回
 
衛生学・公衆衛生学
第1回 第2回 第3回 第4回 第5回 第6回 第7回 第8回 第9回 第10回 第11回 第12回 第13回 第14回 第15回 第16回 第17回 第18回 第19回 第20回 第21回 第22回 第23回
 
関係法規
第1回 第2回 第3回 第4回 第5回 第6回 第7回 第8回 第9回 第10回 第11回 第12回 第13回 第14回 第15回 第16回 第17回 第18回 第19回 第20回 第21回 第22回 第23回
 
リハビリテーション医学
第1回 第2回 第3回 第4回 第5回 第6回 第7回 第8回 第9回 第10回 第11回 第12回 第13回 第14回 第15回 第16回 第17回 第18回 第19回 第20回 第21回 第22回 第23回
 
一般臨床医学
第1回 第2回 第3回 第4回 第5回 第6回 第7回 第8回 第9回 第10回 第11回 第12回 第13回 第14回 第15回 第16回 第17回 第18回 第19回 第20回 第21回 第22回 第23回
 
整形外科学
第1回 第2回 第3回 第4回 第5回 第6回 第7回 第8回 第9回 第10回 第11回 第12回 第13回 第14回 第15回 第16回 第17回 第18回 第19回 第20回 第21回 第22回 第23回
 
柔道整復学
第1回 第2回 第3回 第4回 第5回 第6回 第7回 第8回 第9回 第10回 第11回 第12回 第13回 第14回 第15回 第16回 第17回 第18回 第19回 第20回 第21回 第22回 第23回

整骨院の【集客】

整骨院で働くための【国家試験対策】

整骨院の【保険施術】※準備中

整骨院の【スタッフ育成】

整骨院の【交通事故治療】

整骨院の【自費移行】※準備中

整骨院の【求人・採用】※準備中

整骨院の【開業】※準備中

整骨院の【治療技術】※準備中

整骨院の【その他】※準備中